フォト

価値

meltdown

あの大地震から東電の隠蔽体質、政府のあまりにも遅い、的外れな対応、国際的に批判されている今の日本について考えてみた。

大地震⇒津波⇒原子力発電破壊⇒放射能のぶちまけ&メルトダウン・・・
将来について本当に真剣に考えなくてはならない状況にある。
個人的興味?危機感から色々調べてみた。
ここに書かれている情報ソースは基本Webから入手したものとする。
信じる信じないは個人の自由です。

まず、ちょっと古いデータですが、放射線量の分布状況。
分布⇒ココ
※スクリプトが動くのでちょっと重たいと思います。

上が見れない人は下の画像も参考にどうぞ。
Tn_
消費税も民営化も大事だろうけど、震災対策、放射能に対してもっと動いて欲しい。
日本の政治家さんは放射能って意味知ってるのか?

■色々難しい言葉が出てきますが、簡単にまとめてみました。

放射線:X線(エックス線)、γ線(ガンマ線)、β線(ベータ線)
⇒レントゲンなどで使われているX線はご存知かと。あまりX線を浴びると癌(ガン)やその他の病気になるという話は有名ですね。要は物質を通り抜ける特性があり、通り抜ける際に色んな物を破壊して行く。
γ線、β線も同じく。

そして、特にγ線は通り抜ける能力が高い。汚染された瓦礫、地面からガンマ線が出ていれば、家の壁を通り抜けて家の中に入ってくることになる。よって、残念ながら、家のなかにいてもγ線の被爆から逃れれない。その距離は数km、数百kmとも言われている。
ここでは物質を通り抜ける能力が高いので、簡単には防げないということを理解してもらえばいい。

さらに深刻・・・
β線とα線は非常に危険。これはβ線は、γ線よりはるかに生体組織の破壊性が高く破壊するらしい。α線はβ線より破壊力が高いらいしい。
α線もβ線も貫通力は弱い。よって、外部被爆より内部被爆を心配するべきだ。
ま、ここでは内部に取り入れると危険だということを分かってもらえたらそれでいい。

※本当はもっともっと複雑な現象であり、定義があります。でも一般人にはこの程度の知識で現状過不足ないと思います。

放射能

⇒放射線を出す能力。

放射性物質

⇒放射性物質=放射能をもった物質ということになる。

■大地震と津波で崩壊した福島第一原子力発電所から放出されている放射性物質
131 I(ヨウ素131)
134 Cs(セシウム134)
137 Cs(セシウム137)
・・・プルトニウム
・・・ストロンチウム
などだそうです。もっと沢山あるらしいがここでは代表的なものを記載する。
放射能はガイガーカウンターという装置で検出可能なのですが、実はガイガーカウンターで検出されにくいプルトニウムなど放射性物質各種が拡散した事実はあまり公になっていないようです。これはもう東電、政府が黙っているとしか考えられませんね。。
ここでは公開されている情報が全てではないということを理解してもらえればいいです。
この情報のソースはココ

■「瓦礫受入れ」の問題
「絆」「痛みわけ」などという日本特有の情から大阪でも放射能物質が配備?導入?配置?散布?されるらしい。確かに被災地瓦礫の処理・低減には心情的には協力したいが、近畿地区の汚染に貢献することになる。
汚染物質を全国にバラ撒くことは愚考で愚行だということを言いたい。

■内部被爆と外部被爆
幸にも僕の住む大阪府は放射線量は低い。
「瓦礫受入れ」されていない現在の大阪では外部被爆に注意するのではなく、内部被爆が最も恐ろしい問題だ。
内部被爆は食品を通して侵入し、体内で蓄積し内部から被爆する。一説によると、10%程度は体内に排出されるが、残りの90%は体内に残り、細胞などへの攻 撃を続けるらしい。特にセシウムは心筋に溜まりやすく、今後、心筋梗塞などの心臓系の病気が著しく増加するだろうとのこと。
ストロンチウムはカルシウムに似ていて骨に蓄積されるらしい。
ここでは被爆=癌ではなく、心筋系の病気、甲状腺系の病気を誘発する可能性があるということを覚えておく必要がある。

■こんな話は知っていますか?
 先日放送されたテレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」でTOKIOの山口達也氏が内部被爆したとか・・・。検索すればいっぱい出てきますが・・・

TOKIO山口達也がセシウム20.47Bq/kgの内部被曝。

TOKIOの山口達也氏がベラルーシで簡易型WBCで内部被ばくを検査したところ
セシウム137が20.47Bq/kg

ここで理解して欲しいのは、現地に入れば大なり小なり被爆するということだ。

■海外から見た今の日本

スイスが日本批判
 ⇒「絆」という言葉を政府が使って強制的に国民に毒物を食べさせている

ドイツの公共放送が見出した「福島の嘘」
 ⇒国際的な目でみれば、日本は隠蔽、嘘を並べていると断言している。

僕はもともと政治、政府、国に何も期待していない人。国にも本音と建前があると思っているので、嘘や黙っていることは多いと思っている。今一度、本音と建前の意味を調べてみて下さい。面白いですよ。

■知られざるネットの闇。
あの地震以降、原子力、放射線、被爆などについて問題定義をしているブロガーが沢山いました。例えば、福島に住ん でいる人で環境を測定している人とか、有識者で放射性物質について詳しい人、個人的に色々な変化を綴っている個人ブロガーなど。ここ最近ことごとく閉鎖さ れている。閉鎖の理由は分かりませんが、想像出来ます。その人のHNをあげるとあまりよろしくないようなので伏せますが、色々調べると出てきます。



■僕が福島や放射能について情報収集しているサイト
情報はあくまでも情報です。信じる信じないは個人の自由で、個人の判断です。でも、情報は持っておいたほうがいいともいます。

アーバンプレッパー
 ⇒地震、放射能、安全な食品について参考にしています。

カレイドスコープ
 ⇒国際的に今の日本はどうなっているか・・客観的に考えれます。

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説

 ⇒もの凄く分かりやすく各種説明されています。時間のある時に読んでみて♪

南相馬市 大山こういちのブログ
 ⇒現役の市議だどうです。衝撃的な内容が含まれています。

被爆日記
 ⇒個人の方だと思います。真偽はわかりませんが、参考になります。

【放射能汚染マップ】見ておくべき原発の深刻なセシウム土壌汚染マップまとめ
 ⇒マップ関係を多く記載されていましたので参考にしました。

超高濃度セシウム「黒い粉」3号機由来疑惑 3月21日の爆発と再溶融:専門家・ブロガーの分析まとめ
 ⇒色んな情報がまとめられています。

放射線が目にしみる
 ⇒既に凍結されているブログですが、貴重な情報が載っています。

■僕の所感
国内、国外の情報をWebで色々調べました。
原発、放射能、被爆、隠蔽に関わる本も何冊か読みました。
中には嘘っぽい本、デマなサイトがあり、情報精査が必要なこともわかりました
結果・・・
①各メディアがいう「安全」は信用しないことにした。
 ⇒安全と言われても汚染の可能性のあるものは食べ物として摂取しない。

②瓦礫受入れに反対する。やはり汚染地域で処理して保管すべきだ。
 ⇒情で受け入れたら最後、僕が死ぬまで放射線物質は消えないだろう。

③公式発表された放射線量の数倍ぐらいの汚染状況と思われる。
 ⇒メディアも国も腐っている。危険予知、危険回避のためリスク増で考えておく。

■コレを書き終えて思うこと
僕の本音は原子力すべてが悪いとは思っていない。
地震が起きなければ原発事業は雇用も社会成長にも貢献したわけだし、地震も起きなければ制御できていただろうし・・・でも、地震は起きた。リアス式海岸付近に原発を造ったのが間違いだった。いや日本は地震大国だ。もしかしたら日本で原子力発電を行うこと自体が愚弄なことかも。。。制御は出来ても抑制抑止できない技術は採用するべきでなかったんだろう。